野鳥との接し方

文部科学省より、鳥インフルエンザ防止対策として通知が来ました。子どもたちに指導していますが、ご家庭でもご確認ください。よろしくお願いします。

・死んだ野鳥などを発見した場合には、手で触らないこと。同じ場所でたくさんの野鳥が死亡していたら、近くの都道府県または市町村役場に連絡すること。

・野鳥になるべく近づかないこと。近づいた場合や野鳥などの排泄物に触れた場合には、手をきちんと洗い、うがいをすること。

・不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしないこと。

・鳥や動物を飼育している場合については、それらが野鳥と接触しないようにすること。このため、放し飼いは行わないようにするとともに、野鳥の侵入や糞尿の落下などを防止するために、飼育施設にトタン板等の屋根を設けたり、ネットに破れがないか点検するなどの適切な措置を講ずること。また、周囲に穀類等のエサや生ゴミ等野鳥を誘引するものを置かず、清潔を保つこと。

f:id:ryokuyo-e:20161206090557j:plain

                             写真はイメージ

広告を非表示にする