セカンドステップ14

2時間目に、セカンドステップの14回目が行われました。今日のテーマは『ケガをしたとき』です。

行動目標として、

・落ち着くステップを実践することができる。

・相手に自分が傷ついたことを伝え、何が起こったのかを聞くことができる。

・「ごめんね」と謝り、わざとではないと相手に伝えることができる。

うっかりケガをさせられた時、まずは落ち着き、状況を把握することが必要です。相手の行動が自分に対して敵意があると考えてしまうと、攻撃的に復讐するようになります。攻撃的なやり方で問題を解決しようとすることが多い子どもは、相手がうっかりしてしまったことでも、敵意があると思い込む傾向があります。嫌なことが起こった時、それがわざとだと決めつけないで、敵意がなくてもうっかり何かをしてしまうことがあることを理解できるといいですね。今回は、うっかりケガをさせてしまった場合、うっかり起きたことを謝り、理由を説明する練習を行いました。

次回は、12月9日(金)2時間目に、「問題の解決」をテーマにレッスンします。

f:id:ryokuyo-e:20161202104623j:plain

f:id:ryokuyo-e:20161202104633j:plain

f:id:ryokuyo-e:20161202104643j:plain

広告を非表示にする